シェアする

    DCファンドームのラインナップ&タイムテーブルが発表!また、日本オリジナルプログラムの配信が決定!全貌が明らかに!!

    2020.08.14 DCコミックス

    DC史上最大の世界同時オンラインイベントDCファンドーム(DC FanDome)を、日本時間2020年8月23日(日)午前2:00より開催いたします。

    遂に、「DCホール・オブ・ヒーローズ」「DCウォッチバース」「DCキッズバース」「DCユーバース」「DCファンバース」「DCインサイダーバース」からなるDCファンドームの全ラインナップとタイムテーブルが発表となりました。

    DCファンドーム ラインナップ&タイムテーブルはこちらをチェック!
    https://schedule.dcfandome.com/

    また、DCファンドームの中では、キャストが登壇するパネルイベントに加えて、各国がオリジナルで制作した番組プログラムを視聴できます。先日発表されたインターナショナル・ホストのLiLiCoに加えて、大のDCファンを公言する尾上松也、アメコミに詳しい杉山すぴ豊、DC作品はすべて観ている!というFUJIWARA藤本敏史が参加する日本オリジナルの番組プログラムが配信されることも決定!世界に誇る日本人クリエイターや日本企業の取り組みを通して、DC映画、コミック、フィギュアやグッズ、舞台、コスプレの魅力を日本ならではの視点からナビゲートいたします。

    10月9日(金)に日本公開予定『ワンダーウーマン 1984』の見どころをたっぷり紹介する【WE LOVE ワンダーウーマン!】、映画監督 樋口真嗣と尾上松也による【DCプレミアム対談】、「プライム1スタジオ」・「ホットトイズ」・舞台「ニンジャバットマン ザ・ショー」の舞台裏を取材した【メイド・イン・ジャパン】、世界中で注目を浴びる日本のコスプレイヤーたちがそれぞれのDC愛やこだわりを披露する【DCを語り尽くす!コスプレイヤー大集結】のコーナーを通して、世界中のファンに向けてDC×ジャパニーズカルチャーの魅力をたっぷりとお伝えしていきます。

    日本オリジナルプログラムは、日本時間 8月23日(日) 18:30より「DCウォッチバース」にて、配信予定!!
    そして、同日20:30よりABEMAアニメ2チャンネルで120分拡大版が配信決定!ぜひご覧ください!

    ※「DCウォッチバース」エリアへのアクセスはデスクトップまたはノートPCでのみ可能。推奨ブラウザーはGoogle Chrome 56、Firefox 51以上。

    出演ゲストからコメント到着!!

    ■歌舞伎俳優 尾上松也 コメント
    DCファンドームに参加させて頂きました!尾上松也です。このイベントは24時間DC漬けのDCファンの為の、DCファンによるお祭りです。僕は「日本から世界へ!メイド・イン・ジャパンなDCの魅力大解剖!」と題しましたコーナーに出演致します!番組ではDCの過去作品を振り返ったり、DCのこれからについてもざっくばらんに好きな事を話させていただきました(笑)
    その中でも是非注目して頂きたいのは、やはりコーナー名にもなっている「メイド・イン・ジャパン」です。
    フィギュアやアニメなど他文化を独自の文化と昇華していく事に長けている私達日本人だからこそ出来るジャパンDCカルチャーの今が見られます!他にも沢山の企画が目白押しで、どれを観るか困っているあなた!是非是非「日本から世界へ!メイド・イン・ジャパンなDCの魅力大解剖!」を観て下さい!後悔させませ〜ん!よろしくお願いします!そしてDCな一日を〜!

    ■映画監督 樋口真嗣 コメント
    こんにちは。この度、DCファンドームにお誘いいただき恐縮しております。
    皆さんに比べればそんなに深くないんだけど、私なんかでいいのだろうかと思いフィルモグラフィを遡ってみれば、意外やほとんど全部見ていることが判明。その中でも、ティム・バートン版の『バットマン』についてはかなり熱く語ります。
    尾上松也さんとも久しぶりに会えるし、何よりも仕事じゃない好きな映画のことだけを喋れるなんて嬉しいです。
    是非お楽しみに!〜!

    ■お笑い芸人 FUJIWARA 藤本敏史 コメント
    DCの作品は全て見ています!
    今回はDCの作品をさらにもっと深く知りたいということで参加させていただきます!

    ■アメキャラ系ライター 杉山すぴ豊 コメント
    子どもの頃「ワンダーウーマンと結婚したい」という手紙を「月刊スーパーマン」という雑誌に送ったら読者欄に載ってそれが僕のライターとしてのデビュー。あの時から抱いていたDCヒーローたちへの想いは消えることはありません。今回世界中のファンと共に"輝ける日の下でも、漆黒の夜の闇の中でも"DC"を称えたい!

    『DCファンドーム:日本から世界へ!メイド・イン・ジャパンなDCの魅力大解剖!』
    インターナショナル・ホスト:LiLiCo ホスト:尾上松也、杉山すぴ豊 ゲスト:FUJIWARA 藤本敏史
    日本時間 8月23日(日) 18:30~@DCウォッチバース
    ABEMA拡大120分SP!20:30~ @ABEMAアニメ2チャンネル

    ★WE LOVE ワンダーウーマン!
    2020年10月9日(金)に日本公開予定の待望の最新作『ワンダーウーマン 1984』の見どころをたっぷり紹介!
    世界中から愛される"ワンダーウーマン"の魅力をキーワードと映像ともに徹底解説!

    ★映画監督 樋口真嗣 × 歌舞伎俳優 尾上松也 DCプレミアム対談
    『シン・ゴジラ』や『進撃の巨人』を監督した日本が誇る映画監督 樋口真嗣と歌舞伎界No.1のDCファン尾上松也が夢の対談!
    監督の目線でDC映画の素晴らしさを語るなど、他では聞けないプレミアムな内容は必見!

    ★メイド・イン・ジャパン
    日本人クリエイターや日本企業によって生み出されるDC×ジャパニーズカルチャーの舞台裏を総力取材!
    *全世界随一の精巧さを誇る日本のフィギュアメーカー「プライム1スタジオ」に潜入!フィギュア制作の裏側を探る!
    *ホットトイズが贈る注目の体験型メガストア「DCオールスターズ」の魅力を杉山すぴ豊が取材!
    *日本が制作したアニメーション映画『ニンジャバットマン』を「ニンジャバットマン ザ・ショー」として初の舞台化!仕掛け人のプロデューサーと演出家が語るそのプロジェクトの内容とは?
    *ユニクロ UT「バスキア x ワーナー・ブラザース」コラボコレクションやDCファンドーム限定商品など、DCファン必須アイテムを紹介!

    ★DCを語り尽くす!コスプレイヤー大集結
    日本が誇るコスプレ文化!DCファンの個性豊かなコスプレイヤーたちが集まり、それぞれが作る衣装やコスチュームへのこだわり、
    そしてDC愛を熱く語る!女装パフォーマーのLADYBEARD(レディビアード)や人気コスプレイヤー桃月なしこも出演!!

    『DCファンドーム:日本から世界へ! ABEMA拡大120分SP』

    テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」ではDCの魅力をさらに詰め込んだ30分拡大版を配信、放送を見逃した方は24時間見逃し視聴も可能です。さらに「ダークナイト・トリロジー」のクリストファー・ノーラン監督にも影響を与えた原作コミックをアニメ化した「バットマン:ダークナイト リターンズ Part 1&Part2」も配信決定!

    ■8月23日(日)20:30~22:45 DCファンドーム:日本から世界へ!ABEMA拡大120分SP!
    番組URL:https://abe.ma/3kFYYrI

    ■8月23日(日)22:45~25:30 「バットマン:ダークナイト リターンズ Part 1」「バットマン:ダークナイト リターンズ Part 2」
    番組URL:https://abe.ma/3ahLuNJ

    ABEMAビデオでは『スーサイド・スクワッド』や「ダークナイト」シリーズをはじめとした人気DC作品を好評配信中です。
    (※ABEMAプレミアム限定配信)

    ★配信タイトル:『バットマン』『キャットウーマン』『バットマン・ビギンズ』『ダークナイト』『ダークナイト・ライジング』『マン・オブ・スティール』『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』『スーサイド・スクワッド』「THE FLASH/フラシュ<シーズン1>」「THE FLASH/フラシュ<シーズン2>」

    『ジョーカー』&『ワンダーウーマン1984』のDCが贈る、アメコミファンの祭典"DCファンドーム"
    DC史上最大の世界同時オンラインイベントに、全世界のDCファンは結集せよ!

    DCユニバースに命を吹き込み、壮大な没入感を楽しめる世界同時オンラインイベント。
    DCの映画、TVシリーズ、ゲームやコミックを支えるキャスト、フィルムメーカー、クリエイターが登場!
    多くのタレント達が集い、最新ニュースの重大発表や新コンテンツの解禁も!

    日本時間2020年8月23日(日)2:00~26:00
    #DCFanDome #DCファンドーム

    あなたへのオススメ作品

    • 今夜、ロマンス劇場で
    • バットマン:リターン・トゥ・アーカム
    • ゲーム・オブ・スローンズ 第七章: 氷と炎の歌
    • IT/イット "それ"が見えたら、終わり。