シェアする

    『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』史上初の快挙!週末ランキング1位、2位を独占!

    2021.06.09 劇場作品

    全国の映画館再オープン初の週末で、史上初の快挙!
    週末映画ランキング「The Beginning」第1位 「The Final」が第2位を獲得!
    シリーズ累計動員1200万人突破!

    4月23日(金)より公開された『るろうに剣心 最終章 The Final』は、4月25日(日)より発令された緊急事態宣言によって、東京、大阪などの主要都市では映画館が営業休止となり、当該地域に住む方々は長らく作品を観ることができない状況が続いていた。そんな中、遂に6月1日(火)より映画館が再オープンし(※一部劇場は土日休業や時短営業)、『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の両作品が公開になった初めての週末。2作連続での鑑賞を求める人が多く、都内劇場の「The Final」の上映回は満席が続出!

    また、シリーズ最高傑作であり、佐藤健も「このエピソードを描かずにはいられなかった」と話す「The Beginning」も6月4日(金)に公開され、3日間で興行収入5億円を突破の大ヒットスタートを記録!
    剣心の十字傷の謎に迫るストーリーを描きながらも、剣心と巴の運命の出会いを通した究極のラブストーリーである本作に、「巴が美しすぎて切なかった・・・」「感想を言いながらもう泣けてくる」「この興奮を人に伝えずにいられないほどの秀作」と心を大きく揺さぶられたという声が続出。また、「これで完結ってのがすごい」「シリーズをずっと見てきてよかった」など遂に迎えたシリーズ完結に対して、感慨深くなるファンのコメントも数多く見受けられた。

    2作合わせての40億円突破も目前となり、映画業界としても史上初となる1位&2位独占ランクインとなった「The Final」と「The Beginning」。
    2部作連続公開の作品はこれまで、「デスノート」&「デスノート the Last name」(2006年)、「SP 野望篇」&「SP 革命篇」「(2010年/2011年)、「GANTZ」&「GANTZ PERFECT ANSWER」(2011年)、「僕等がいた 前篇」&「僕等がいた 後篇」(2012年)、「ちはやふる-上の句-」&「ちはやふる-下の句-」(2016年)、など多くあるが、2作品が連続で1位2位を獲得したことは初めての偉業。
    前作の「伝説の最期編」公開時でも「京都大火編」が7位、「伝説の最期編」が1位であったことから、この数字のすごさと10年かけてスタッフ・キャストが一丸となって作り上げたシリーズの強みが発揮されたことがうかがえる。日本映画最大のフランチャイズの底力を見せつける結果となった。

    ようやく「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」2作品が同時に楽しめるタイミングとなり、まだ2作共に未見のファンにとっては絶好の機会が続く6月。大躍進を続ける「るろうに剣心 最終章 The Final」それの後を追う「The Beginning」とあわせて2作お楽しみください。

    シリーズ遂に完結!
    映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』2部作大ヒット上映中!

    映画『るろうに剣心 最終章 The Final/the Beginnign』公式サイト

    あなたへのオススメ作品