シェアする

    実写映画初!映画『余命10年』劇伴音楽に、RADWIMPS決定!超特報映像も解禁!

    2021.09.07 劇場作品

    2017年の発売以来、ただの恋愛小説にとどまらない、切なすぎる小説としてSNS等で反響が広がり続け、現在すでに50万部を突破している「余命10年」(小坂流加著/文芸社文庫NEO刊)。第6回静岡書店大賞の「映像化したい文庫部門」の大賞を受賞するなど、書店員からも映像化を希望する声が多く上がっていた本作を、『新聞記者』(第43回日本アカデミー賞6部門受賞)『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人監督がメガホンを取り、2022年春に公開します。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17年公開)『雪の華』(19年公開)など等身大の若者のラブストーリーを描き、多くの大ヒット感動作を世に放ってきた岡田惠和さん、渡邉真子さんが担当。新たな映画界の才能・藤井監督と、感動ラブストーリーの名手といえる岡田さん、渡邉さんの初タッグも注目です。

    『余命10年』の劇伴音楽をRADWIMPSが書き下ろし!実写映画初チャレンジ!

    映画『余命10年』の劇伴音楽を人気ロックバンド「RADWIMPS」が担当することが決定しました! RADWIMPSが映画全編の音楽を手掛けるのは、新海監督作品のアニメ映画『君の名は。』、『天気の子』に続き3作目! 実写映画の劇伴音楽を手掛けるのは本作が初挑戦となります。大きなスクリーンで観たくなる美しく透明感のある映像で高い評価を受ける藤井道人監督による"涙より切ない"物語に、全編を通じてRADWIMPSの楽曲が彩りを加えることとなります。「はじめて実写映画での劇伴作業は挑戦に満ちたもの」だったと話すボーカルの野田洋次郎さんは「(主人公の)茉莉や和人やその周りでたしかに生きる登場人物たちにどんな音で寄り添うべきなのか、背中を押すべきなのか、幾度もの苦悩があった」と音楽制作の現場を振り返ります。また、「総合計時間にすると『余命10年』を100回近く観たが、最終のオーケストラ本番レコーディングで画面を観ながら涙がポロポロと出てきた」と語りました。

    藤井監督は、野田洋次郎さんがクランクインより前に脚本から受けたインスピレーションで作った音楽を聴きながら撮影を進めました。「野田さんに導いてもらいながらこの作品は完成した。至福の時間だった」と撮影を振り返り、 "涙より切ない"との評価が高い『余命10年』に涙したRADWIMPSが吹き込んだ音楽が必ずや観る者、聞く者の琴線に触れる仕上がりになっていると、既に期待が高まります。

    "明日からも生きていく意味が詰まっている(野田洋次郎)"映画『余命10年』主演キャスト解禁情報は...?

    そして合わせて劇伴音楽入りの超特報映像も解禁。「あと10年しか生きられないとしたら...」とタイプするシーンから始まるこの映像でスタートするのは、優しい鼓動のようなピアノの音色。徐々に音が重なっていく中で、主人公の茉莉の様々なシーンでの背中が映し出されていき、RADWIMPSの音楽がその背中にそっと寄り添っているかのように聞こえてきます。「この映画には、あなたが明日からも生きていく意味が詰まっていると思います」と野田洋次郎さんがコメントしている通り、茉莉と和人の背中を前に押し出しているような旋律が耳に心地良く届く。本作の出演者の情報はまだ解禁されておらず、今回解禁の超特報映像ではその後ろ姿のみが映し出されています。『余命10年』映画化を発表した際にも茉莉や和人を誰が演じるのか、SNSで期待する声が多く上がっていましたが、この情報は近日解禁予定。引き続きぜひ本作の情報にご注目ください。

    ■野田洋次郎(RADWIMPS)/音楽
    この度、映画『余命10年』の劇伴音楽をつとめさせて頂きました。はじめて実写映画での劇伴作業は新鮮で挑戦に満ちたものでした。シーンを観ながら、茉莉や和人やその周りでたしかに生きる登場人物たちにどんな音で寄り添うべきなのか、背中を押すべきなのか、幾度もの苦悩もありました。総合計時間にするとおそらくすでにこの映画を100回近く観ていることになります。ですが、編曲もすべて終わり最終のオーケストラの本番レコーディングでやはり、画面を観ながら涙がポロポロと出てきました。この映画には、茉莉の人生には、きっとご覧になるあなたが明日からも生きていく意味が詰まっていると思います。ぜひ、公開を楽しみに待っていてください。

    ■藤井道人/監督
    『余命10年』の脚本を読んだとき、茉莉と和人のイメージと、そこに寄り添う野田さんの音楽が自然と流れて来ました。野田さんは、脚本を読んだインスピレーションでクランクイン前に音楽を作ってくれて、その音楽を聴きながら撮影は進んでいきました。まさに、野田さんに導いてもらいながらこの作品は完成しました。至福の時間でした。是非劇場で体感して欲しいです。

    映画『余命10年』2022年春全国ロードショー

    あなたへのオススメ作品